フケの種類によって異なる対処法

フケには大きく分けて2種類あるのですが、自分がどちらに当てはまるのか知ることが正しいケアをするためには大切なのです。

・脂漏性のフケ・・・皮脂が過剰に分泌されることによって出るフケで、パラパラ落ちると言うよりはブラッシングの際に脂っぽいフケが出ます。
原因は頭皮の皮脂なのですが、食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れなどが主な原因と言われていて、大人のフケのほとんどがこの脂漏性のフケです。
ケア方法は、頭皮に刺激の少ないシャンプーを選ぶことも大切ですが、毎日の食生活できちんと栄養バランスを考えることも必要です。
過度のアルコール摂取やスナック菓子の食べすぎも肌が脂漏性に傾く原因になるので気を付けましょう!

・乾燥性のフケ・・・頭皮が乾燥しすぎると角質が剥がれ落ちるます。
最近の強力なシャンプーや一日に何度もシャンプーをすることによって、頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまっているのです。
確かに洗浄力が強いシャンプーは毛穴の奥の皮脂までしっかり洗い流してくれるような気がしますし、さっぱりして気持ちいいのですが頭皮には刺激になり必要な皮脂がなったくないカサカサの頭皮になっているのです。
また、紫外線やドライヤーのかけ過ぎも原因になります。
この場合、マイルドなシャンプーに切り替え、回数も減らすことで頭皮に適度な皮脂が残るように心がけ、紫外線の刺激やドライヤーの夏からも頭皮を守る必要があります。

実は頭皮には適度な皮脂が残っている必要があり、それによって乾燥や過剰な皮脂分泌を避けることができるます。
フケに違いがあるなんて知らない人が多いと思いますが、正しいケアをすることが頭皮の環境を整えフケや抜け毛を減らすことにつながるのです。