市販の育毛剤だけでAGA(男性型脱毛症)は治るのか!?

クリニックには行かず、自宅で自力で治せたら。。。
あれだけCMでバンバン効果ありげなことを言ってるんだから
もしかしたら本当に市販の育毛剤だけでAGA(男性型脱毛症)
治せるんじゃねーだろうか。
希望と期待で使い続けている人も多いでしょう。
でも本当に治せる??
市販の育毛剤だけでAGA(男性型脱毛症)は治るのか!?

市販されている育毛剤の中で最もAGAに効果があると言われているミノキシジル配合の育毛剤ではどうでしょう。
市販されている育毛剤でミノキシジルを5%配合しているものがあり、5%が最大です。
クリニックで処方されるミノキシジル育毛剤でも5%だったりすることを考えれば
市販のミノキシジル5%の育毛剤で行けるように思います。
ただ、AGAの状態によってはクリニックでミノキシジル10%の育毛剤を処方してくれるところもあるので、と考えればどっちがいいのかと悩む。。。
まずは、市販の5%のミノキシジル育毛剤を半年くらい使ってみてはどうでしょう。
一般的に、AGA治療は半年継続させて効果を確かめると良いと言われていますからね。
市販のでダメならクリニックへ。
市販の育毛剤でも7,8千円することを考えれば、初めからクリニックに行った
方が近道に思えるけれど、初期の段階であったり自分に合ったものであれば
効果がみられる可能性も無くはない。
市販の育毛剤だけじゃあ、AGAは治らないと言われることが多いけれど、
どんどん薄毛が進行していくのが気になるなら、まずはてっとり早く市販の育毛剤で早く食い止めて下さい。

AGA(男性型脱毛症)がどうして起こるのかから検証してさらに探ってみよう。
AGA(男性型脱毛症)は男性がもっている男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼとが結びつくことでハゲの原因の根っこであるジヒドロテストステロンが発生することで起こります。
男性ではげている人の約9割がこれが原因でAGAを引き起こしているんです。
なので、おそらくあなたのハゲの原因もこの男性ホルモンと5αリダクターゼによるものでしょう。
というわけで、男性ホルモンと5αリダクターゼを結合させない様にすれば
AGAは改善されていく。
男性ホルモンと5αリダクターゼを結びつけないために効果的なものとして
フィナステリドという成分があります。
フィナステリドは男性ホルモンと5αリダクターゼの結合を阻止する働きがあるため
AGAのハゲの原因であるジヒドロテストロンを発生させません。
ですが、残念なことにフィナステリドを配合している飲み薬は一般的に販売されておらず、
AGA専門クリニックなどの病院で処方してもらう必要があるんです。
ただ、ネットで買えちゃったりするけど副作用もあるのでやっぱりお医者さんで処方が
安全。
ということを考えれば、結局AGAを早く安全に治そうと思った場合、
クリニックへ行くのが一番なのかなーというところ。
でも、まだ勇気がない、まだAGAだと認めたくないけど、薄くなってるのが気になっているという方は、まずは市販の育毛剤を早めに使って食い止めましょう。
ただね、進行すればするほど治療にも時間がかかるし、お金だってかかるので
早めの決断が大事だってことは覚えておいてね。