40歳を超えたら注意!女性の男性型脱毛症

女性の男性型脱毛症が流行ってるって本当??
40歳を超えたら注意だということですが、どういうことでしょう。
おばさんは40歳を超えたら“おじさん”になるのだろうか。
なんてそんな失礼な話がありますかっ。

ありました。。。
40歳を超えたら注意!女性の男性型脱毛症とは。
男性型脱毛症=AGAは男性特有のハゲの原因ですよね。
男性ホルモンと5αリダクターゼが結びついてジヒドロテストステロンを発生させると
髪の毛の成長を妨げるので薄毛になる。
AGAは男性ホルモンがキーワードのはず。
40歳を超えたとはいえ、私はまだまだ女性よ!
男性ホルモンとは無縁。。。
だと思っていましたが、実は女性も男性ホルモンを持っているんだそうです。
男性に比べると少量ですが、女性にも男性ホルモンが分泌されています。
けれど、女性にはもともと女性ホルモンがあるでしょ。
だから生理があるわけで、その女性ホルモンは髪の毛の成長にもとても重要な役割も持っています。
そのため、女性が男性ホルモンを持っていたとしても、AGAになることはありませんでした。
けれど、女性でもおばあちゃんになると薄毛になるでしょ。
おばあちゃん世代になって薄毛になるのは女性ホルモンの分泌量が少ないからです。
女性ホルモンの分泌が活発な時期には薄毛にはなりませんが、年齢を重ねるとともに
女性ホルモンの分泌量も減っていき、女性ホルモンが減ることで髪の成長も減少+もともと女性にもある男性ホルモンが体の中の酵素の一種である5αリダクターゼと
結びつくことで、男性型脱毛症(AGA)と同じように
女性も薄毛になっていく。
こんな事らしいです。

そして、早ければ35歳からどんどん女性ホルモンが減ってくそうで、
女性の男性型脱毛症の事は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるほど、
多くの女性が男性ホルモンによる薄毛に悩んでいます。
薄毛の原因も同じですが、ハゲ型もどうやら同じように額からあがっていったり、
頭頂部の薄毛が進行したり。
また、男性よりもキツイのが女性の場合は髪の毛全体が薄くなってしまうという特徴もあるそうで、放っておけば置くほどどんどん薄毛が進行。
男性よりも深刻化しているなんて話もあるほどです。
現在のところ、クリニックに通われている女性も多く、ミノキシジルを配合した育毛剤を使うなど治療を続けているそうですが、
男性と同じく即効性はないのが現状のよう。
FAGAも早期発見と早期治療が大切です。

FAGAに悩まないためにはどうしたらいいんでしょう。
女性ホルモンの減少によって女性男性型脱毛症(FAGA)になってしまうんなら
女性ホルモンを増やせばいいんじゃないか。
イソフラボンは女性ホルモンに似ていると言われてるので、イソフラボンを多く含んだ大豆製品をなるべく多く取るようにましょう。
そして、若い世代に一言。
若いからって、40歳までまだまだなんて、油断をしてはいけません。
若くても今現在生理不順が続いている方は要注意。
生理不順はホルモンバランスが乱れている証拠です。
いずれ、女性男性型脱毛症に悩まされることになるかもしれませんよ。
栄養を取らないムリなダイエットもやめないとそれもホルモンバランスを乱します。
ホルモンバランスを整える規則正しい生活と栄養を取ることが若い時から必要で
40歳を超えたらイソフラボンを積極的にとるなどしてFAGAから髪を守りましょう。
髪は女の命と呼ばれるほど大切なものですもんね。